おにぎり

日系のイベントのおこぼれで、炊いた白いご飯とお赤飯をたくさん頂きました。

我が家、白いご飯は食べないのでどうしたものか?

チャーハン辺りなら食べるかも、とチャーハン(もどき)を作って、それをおにぎりにして、次男くんのバスケ弁当にしました。お赤飯のおにぎりもね。

あと、卵焼きとソーセージ、野菜など。なんて日本的なお弁当。おにぎりなんて弁当に持たせたことないから、びっくりしたでしょうね。

で、帰って来た次男くん。感想はないのか、感想は・・・。

おにぎりどうだった?「おにぎりでもいいけど全然足りない、しかもすぐ腹へって、練習きつかった」と言われてしまいました。

パンよりご飯の方が腹持ちがいいって言うけど、やっぱりおにぎりじゃ逆におかずが少なくなってしまってダメかあ・・・
かといっておにぎりばかり三つも四つも食べないだろうし・・

でもチャーハンおにぎりはおいしかった、とのこと。お赤飯はコメントなし。お友達みんな、赤飯おにぎりに興味津々だったって(笑)
なにそれ?って聞かれても次男くん自身説明出来ないけどね。

お詫びに次回は次男くんの大好きなチーズバーガーとチキンカツサンドにしてあげるよ。

ちなみに次男くんは、おにぎりはラップでくるんでない限りフォークで食べます。

よって、「おにぎりにする意味あんの?」と言われました。フォークで食べる人にゃ意味なくなるわよ、確かに。

そのまま二色弁当にすればよかったと あとで思いました。

(「いいね」がわりに…) 人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ

焼きうどん弁当

次男くんがバスケの遠征試合(一泊)で、一食分何か欲しい・・と。

 

急に言われても困る・・・

冷凍庫を探り、冷凍うどんで焼うどんか?

 

冷蔵庫の半端野菜と肉も放り込んで、なかなかボリューム満点になりました。なんだか、焼うどんというより肉野菜炒めにうどんも入ってるってビジュアルです(笑)

 

味も、添付の粉末スープで作ったから次男くんお好みのダシのきいた味のはず。

 

さて、翌日帰って来た次男くん。当然彼から感想はないので、こちらから聞くパターン。
 
ひとこと「おいしかった」のみ。これだから、凝ったものなど作る気なくなります。

バスケの試合

今日は次男くんの学校バスケの試合を見に行ってきました。
 
次男くん、朝から晩までバスケをしてるだけあってチームでは若輩ながらも主力級。私はバスケはさっぱり分からないのですが、その素人目にも活躍してるって分かります。家ではおしゃべりな割に自分のことはあまり話さない子なので、チームメイトのお母さんから話を聞くまで次男くんがそこまで主力だとか知りませんでした。
 
まあ、いつもいつも文字通りバスケばっかりやってるんだからそれなりの実力つかないと悲しいでしょうけど。
 
高校は4年間ですから1年生の次男くん、3歳も上のシニア(4年生)たちの中で大したもんです。と思ったけど小さい頃から5歳上の長男くんやそのお友達と交じってバスケをしていた次男くんだから頭一つ違う人(今はそこまで身長差はありませんが)とバスケをすること自体は慣れているというか、なんというか。